2016年09月22日(木)

月に一度のお勉強会♪

こんにちは

ココリード・優衣です

 

先日、月に一度のお勉強会に行ってきました

 

 

 

今回のテーマは消化器系です

 

 

 

消化器は、細胞が働き続けるために必要な

エネルギーとなる栄養素を食べ物などから

体の中に取り入れます

  

 

その働きをしている臓器をまとめて

消化器系というグループに分類されます

 

 

(人の体は60兆個の細胞から

できているそうです)

 

 

消化器系には

 

消化管

 

口腔
咽頭
食道

小腸
大腸
肛門

 

消化を助ける付属の器官

 

唾液腺

肝臓

胆嚢

膵臓

 

があります。

 

 

今日は消化管についてお伝えします

 

 

食道

 

飲み込んだ食べ物を蠕動(ぜんどう)運動によって

少しずつ胃に送り込みます。

また、その食べ物の逆流を防ぎます!

 

 

食べ物が食道を通過して胃に到達するまでの時間は

犬は4~5秒なんだそうです!

 

(↓ しぼめてゆるめて...)

 

余談ですが、猫の場合は

食べ物が胃の手前でいったん止まって

少しずつ胃に送るようになっているので

錠剤の薬を与えるときは6cc以上のお水を

与えないといけません!

 

 

 

胃の主な役割

 

●胃液などを出して食べ物を砕いて粥上にする

●栄養素を小腸で消化・吸収しやすくする

●食べ物と一緒に入ったバイ菌を殺菌する

●食べ物を腐らないようにする

 

 

 

胃液はタンパク質を分解する消化酵素ペプシンと

胃酸からなっています

 

胃酸は強い酸性で

塩酸という成分なんです!

 

鉄をも溶かす塩酸...

おそろしい...

 

私達の胃は粘膜で守られているから

溶けないんだそうです

 

そんな胃液にも負けないのが

なんとピロリ菌...!!

 

胃ガンなどの原因にもなりうる悪い菌なんです

おそろしい...

 

 

 

ちなみに胃の内容量は

人 1.5ℓ

小型犬 500cc

大型犬 6ℓ!!

(平均すると犬は2.5ℓ)

なんだそうです

 

 

 

 

小腸

 

 

小腸には

十二指腸、空腸、回腸という部分があり、

これをまとめて小腸といいます。

 

 

十二指腸は、胃で消化されたものを

胆汁と膵液によってさらに細かく分解します

 

約25cmで、指を12本くらい並べた長さ

だから十二指腸と呼ばれるようになったそうです(笑)

 

 

 

空腸と回腸は

細かく消化された栄養素を吸収する働きをします

 

絨毯の毛のようなものがびっしりとあって

吸収の効率を良くしてくれます

 

 

空腸と回腸の名前の由来も

けっこうテキトーにつけられてて笑いました

 

気になる方はお店でぜひ聞いてください

 

 

 

大腸

 

ここでは水分を吸収します

そして最終形態である便の形を作ります。

 

 

 

犬と人では少し違う作りや大きさに

なっている部分はありますが、

体ってすごいなあと感心しました

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます

 

また続きを来月勉強してきたいと思います

 

 

中区千田町2-9-23

082-258-2428

Coco Lead(ココリード)

 

ARCHIVES

LATEST POST

CATEGORY